即日融資サービスの便利さを実感出来ました

テレビを見ていると、消費者金融のコマーシャルを頻繁に見かけますよね。
私は以前、そんなコマーシャルを眺めながら「どんな人がこういうサービスを利用するんだろう」と、ぼんやりと考えていました。
また、申し込みをしたその日の内に現金融資が出来るというサービスの宣伝を見ても、どういう状況でそんなに急にお金が必要になるのか理解出来ませんでした。
その時は、私自身が即日融資サービスの恩恵を受ける事になろうとは、夢にも思っていなかったのです。
しかし、実際にその恩恵を受けた私は、そのサービスの便利さを身にしみて実感出来ました。
私が急な現金の必要に迫られたのは、半年前のある朝の事です。
その朝早くに、暫く合っていなかった友人にから突然電話がかかって来ました。

その友人は「今晩、車で千葉まで出発するんだけどアンタも来るか」と私に言いました。
どうやら夜通し車を走らせて、千葉のアミューズメントパークに遊びに行くのだそうです。
私もそのアミューズメントパークに行ってみたいと思っていたので、参加の意思を友人に伝えました。
ただ、その電話を切った後で、手持ちのお金がない事に気付きました。

なんせその時は給料日前でしたし、前日に大家さんに家賃を払って私の財布は空っぽだったのです。
「困ったなあ、でも千葉には行きたいしなあ」と私が思案していましたが、ふと消費者金融の即日融資の事を思い出しました。
「そうか、こういう時にカードローンを役立てれば良いのか」と私は膝を打って、パソコンで消費者金融のホームページを検索しました。
すると何社か即日融資可能な消費者金融が見つかったのです。
私はその中から一社を選び、インターネットサイトからカードローンの申し込みを行う事にしました。
申し込みは専用フォームに必要事項を入力するだけなのでとても簡単です。
ただ、間違った情報を入力してしまうと審査に影響を及ぼすらしいので、ひとつひとつの項目を慎重に入力していきました。
入力が終わると審査結果を知らせる電話を待つ事になったのですが、消費者金融から電話がかかって来るまでの時間はドキドキしました。
私は大学受験の合格発表を見に行った時以来の緊張感を味わったのです。
ですが、消費者金融からの電話で私は緊張から解放されました。
審査結果は合格で、融資を受ける事が可能との答えをいただいたのでした。

ただ、その日の内にお金を手に入れられなければ意味がありません。
私は「即日融資は可能ですか」と恐る恐る消費者金融のオペレーターの方に尋ねました。
すると、「30分ほどでお客様の口座に振り込ませて頂きます」という明瞭な答えをいただく事が出来たのでした。
私は借入額などを決めて、オペレーターの方の接客態度の良さに敬服しながら電話を切りました。
さて、銀行に実際にお金が振り込まれているかチェックしに行く時には、私の頭はもうアミューズメントパークの事で一杯です。
そして、実際に現金を手にした時に、即日融資のありがたさを実感したのでした。